西宮シティFCのご紹介

~サッカーというパスポートを手に入れて世界へ飛び立とう~

クラブ名称:西宮シティフットボールクラブ

設立:2018年

代表者:曽我部 惠一(FC甲東VIVO副代表、高学年監督)

西宮シティFC発足について

甲東VIVOでのサッカー指導を始めて

14年になります。

 

14年前は西宮市内でも最下位を争う弱小チームだった甲東VIVOですが、現在は県トップリーグ1部に参入し今年で3年目のシーズンを迎えることになりました。

 

これまで数多くの県大会出場も経験し、現在では県内県外の多くのチーム様と交流していただけるチームに成長いたしました。

 

この14年間私がコーチングしてきたのは本当に普通の子供たちです。

 

しかし彼らは県トップレベルの試合でも充分活躍することができました。

そして大学、高校、中学に進んだ現在も各所属チームで活躍を続けてくれています。

 

今回、甲東VIVOという枠を超えてサッカー活動を始めることにいたしました。

これまで培った育成方法で、もっと多くの子供たちがサッカーを好きになり、もっとサッカーをする子供たちが増えたらいいなと思っております。

そしてサッカーの厳しさ、奥深さを知りワンランク上のステージを目指せる子供たちが西宮市内から増えたらいいなと思っております。

そしてサッカーをする事で培ったしっかりとした人間性を持った青年が増えたらいいなと思っております。

 

サッカーを通じて子供たちの健康と基礎体力の向上を目指すことで、明るく活発な地域育成、地域創造につなげていきたいと思います。

 

まずは平日のサッカースクールを開校させていただきます。

どなたでも参加できるサッカースクールですので、ぜひご興味のある方は無料体験会にお越しいただければと思います。

 

現在の小学生が成人を迎える10年後の世界はどのようなものでしょうか。

今後の世界はAIなどの技術革新により、急速に環境の変化をもたらすだろうと言われています。

その環境の変化に子供たちは柔軟な思考、創造性、協調性を持ってうまく対応していくことが求められます。

その点から考えてもサッカーというスポーツは、今後子供たちにとって必要であろう力を得るには最も適したスポーツの中のひとつと思います。

 

One for all  All for one (ひとりはみんなのために みんなは勝利の為に)。

子供たち一人一人はそれぞれ長所(ストロングポイント)と短所(ウィークポイント)を持ち合わせています。

重要なのは子供たち一人一人が自分のストロングポイントを見つけそれを伸ばし発揮することです。

そのストロングポイントの発揮によって、チームメイトのウィークポイントをカバーすることになるでしょう。

逆にウィークポイントはなるべく消していく努力も必要ですが、チームメイトのストロングポイントでカバーしてもらえばいいでしょう。

チームメイト一人一人が協力、貢献しあって勝利を目指すことから、社会に出てから必要な価値観を身につけてほしいと思います。

 子供たちを社会に送り出す準備ができるスポーツとしてはサッカーは最も適したスポーツの中のひとつと思います。

 

サッカーを通じて共に成長できればと思います。